ゴルフ入門

ゴルフ入門

たった28分のレッスンで

平均43ヤードアップさせてしまった

驚異のゴルフ上達法

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


・・・続きを読む

ゴルフ入門のための一冊


ゴルフ入門

ゴルフ入門

このゴルフ上達法は
体力や性別、年齢、センスに関係なく効果の出る
レッスンプロが絶対に教えてくれない上達法です。

この上達法は、秘匿性の高い内容ですので、
私自身、いつまで公開していられるか分かりません・・・

それでは、
今すぐにこの手紙を1文字たりとも読み飛ばさず
慎重に読み進めて下さい・・・

相互リンク

・・・続きを読む

ゴルフ入門のための一冊


ゴルフ入門

ヘルニアでもゴルフ上達

信じられないかもしれませんが、次の話は全て真実です。

Aさん「おひさしぶりです」

わたし「どうも、おひさしぶりです!」

Aさんと以前はよく練習場で会っていたのですが、
ある時期からパッタリと会わなくなってしまい、数ヶ月ぶりにお会いしました。

わたし「本当にひさしぶりですね。違う練習場に行ってたんですか?」

Aさん「いや、腰を痛めてしまって、
    ヘルニアでゴルフが出来なかったんですよ・・・」

わたし「えっ!?そうでしたか・・・
    じゃあ、あまり無理は出来ないですね・・・」

Aさんのスイングを見てみると、
テイクバックの大きさは以前の70%位になってしまい、
ドライバー飛距離も大きく落ちていました。

Aさん「仕方ないですよね。ゴルフが出来るだけでも十分ですよ・・・」

と、言っていましたが、
飛ばなくなってしまったドライバーにAさんはどこか悲しげでした。

Aさんは本当にゴルフ大好き人間だったので無理もないでしょう。

私は、そんなAさんにまた以前と同じようにゴルフを楽しんでもらいたいと思い、
『ある上達法』をゆっくりと説明し始めました・・・

わたし「Aさん、また以前みたいに・・・
    いや、それ以上に飛ばしてみたいとは思いませんか?」

Aさん「そりゃあ、できれば・・・
    でも、今の体じゃあ無理ですよ。」

わたし「いや、それでも可能です。
    むしろ、Aさんの場合、テイクバックが大きく取れない方が都合良いんです。」

Aさん「えっ!?どんな方法なんですか??」

わたし「よく聞いて下さいね。
    ゴルフのスイングっていうのは・・・」

私はAさんに『ある上達法』を説明し、実践していただいた所、
30分程度のチェックで平均20ヤードアップし、
その後も上達法を実践し続けたAさんは
平均40ヤード以上の飛距離アップに成功しました。

腰を痛める前よりも飛距離アップしてしまい、
効果的な上達法を覚えたAさんは
その後、練習すればするほど、どんどん上達して行き、
周囲からはゴルフの上手い人と言われ、一目置かれる存在となったのです・・・

・・・続きを読む

ゴルフ入門のための一冊


ゴルフ入門

あるクラフトマンから得たゴルフ上達のヒント

これは、私が当時人気のあったクラブに交換しようと
とあるゴルフ工房に足を運んだ時の話です。

わたし「すみません、このクラブに交換したいんですけど。」

店主 「いいですけど、ちょっと打ってみますか?」

わたし「それじゃあ、一応打たせてもらいます・・・」

私はそのクラブの感触を確かめるために、
鳥かごのようなネットで軽く打たせてもらう事にしたのです。

店主 「合ってないですね」

わたし「え?」

店主 「お客さんにそのクラブは合っていないですよ」

わたし「弾道を見ていないのに、なんで分かるんですか?」

店主 「○○が○○で、●●が●●だからです」

わたし「え!?なんですか、それは・・・!?」

店主 「ん?ああ・・・
    いいですか、ゴルフスイングっていうのは・・・」

結局、私はクラブを買い換えませんでした。
しかし、私は超実践的なゴルフ理論の「ほんの一部」を知ることが出来たのです。
それは、非常にシンプルでしたが私にとっては衝撃的な内容で、
私に『ある気付き』を与えるきっかけとなりました。

「もし、この考えが正しければ・・・!」

この『気付き』は果たして正しいのだろうか・・・
私は実践したい気持ちを抑えられず、その足ですぐに練習場へ向かいました。

そして、
その日を境に私のゴルフは劇的に変化していったのです・・・

・・・続きを読む

ゴルフ入門のための一冊


ゴルフ入門

爆発的なゴルフ上達

状況は激変しました。

ドライバーショットは、ヘッドスピードが上がったわけでもないのに
絶対届かなかった所まで飛ばせるようになり、さらには方向性まで格段によくなりました。 

アイアンショットも空気を切り裂くようなキレのあるショットが放てるようになり、
絶対に止まらなかったロングアイアンでも明らかに高弾道になりグリーンに噛み付くようになったのです。

さらにはアプローチショットまでもがピンに激しく絡み、様々なショットを自在に打ちこなせるようになりました。

特にトレーニングをしたわけでもないのに、
練習を重ねれば重ねるほど、目を見張る上達を果たしました。

その年に行なわれたアシスタントプロテストでは、
最年少、ゴルフ暦最小だった私が上位の成績で合格を果たしたのです。

「あの時の気付きは間違いじゃない・・・
 これがスイング理論の核心なんだ!」

今まで辛くて苦しいゴルフばかりしていた私が、
「ゴルフはこんなに楽しいスポーツだったのか・・・!」
と、毎日のゴルフが楽しくて仕方なく思えるようになりました。

しかし、これは私に特別なセンスがあったわけではありません。
「スイング理論の核心」を理解、実践すれば、誰にでも効率よく上達する事は可能なのです。

・・・続きを読む

ゴルフ入門のための一冊


ゴルフ入門
others
sponsored links
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM